公園・庭園

2024年5月18日 (土)

「相模原北公園」の花の女王「バラ」の艶姿!!

相模原市緑区下九沢に森のような樹林の中に四季折々の花を楽しめる「相模原北公園」はある。当園には「梅園」、「アジサイ園」、「バラ園」がある。この時期の主役はなんといっても「バラ」で今、当園を華やかに彩り始めている。「バラ」はその優美な花姿、香りから「花の女王」と言われる。当園には「オールドローズ」「イングリッシュローズ」「ワイルドローズ」など85種、1900本が植栽されている。「ロックガーデン」はまだ全種咲き揃っていないが黄色の「」、水の階段=カスケードの両側に造られた「花木園」(バラ園)ではまだ約30種ほどのバラが優雅で気品ある美しい花姿を披露し始めている。今月下旬頃見頃を迎える。バラの名前に日本の皇室「プリンセスアイコ」、「プリンセスミチコ」、英国の王室「ダイアナプリンセスウェールズ」、ロイヤルプリンセスの名が付けられている。今、30種ほどのバラが開花しはじめており全体では3分咲きであり見頃は来週末頃かと思われる。(2405)

Sgh-kita-bara-2252 Sgh-kita-bara-2249 Sgh-kita-bara-2248 Sgh-kita-bara-2234  

2024年2月 4日 (日)

「第25回まつだ桜まつり」開花速報!!

足柄上郡松田町松田惣領、「西平畑公園」=松田山ハーブガーデンの斜面に360本の早咲きの「河津桜」が植栽されている。神奈川随一の本数を誇る規模である。その「河津桜」を主役として「第25回まつだの桜まつり」が昨日(2/3)から3/3までの1ヶ月間開催される。コロナ禍明けの今年、若干新規感染者が増えており心配であるが、この「まつだの桜まつり」は例年だと20万人超えの鑑賞、ツアー客が訪れる人気の「河津桜の名所」である。まつり前の開花状況は如何かと2日に訪れて見ると既に開花が始まっていて、全体としては1~2分咲きである。場所によっては既に満開近い木も数本ありこの桜特有のピンクの可憐な花びらを披露していた。「河津桜」の木の下では数千本の「菜の花」が満開、見頃となって黄色の花びら、花姿を披露中である。ピンクの「河津桜」と黄色の「菜の花」のコントラスト、調和がここならではの美しさである。開花を待ち侘びていたかのようにその甘い蜜を求めて数十羽の「メジロ」が忙しく飛来してくる。「河津桜」は開花から落花まで1ヶ月近く見れる桜で、満開になる前の6~8分咲きの頃が花に勢いがあり綺麗である。(2402)

Matsuda-sakura-0001 Matsuda-sakura-9372 Matsuda-sakura-7213 Matsuda-sakura-9328

2023年1月24日 (火)

「県立相模原公園」では「河津桜」と「寒桜」が開花!!

相模原市下溝に四季の花が絶えない「県立相模原公園」はある。百花に先駆け春を知らせてくれる「梅」は既に満開、「遊具広場」後方に植栽されている「河津桜」が数十輪開花、芝生広場とイベント広場の境界線近くに植栽されている「寒桜」が5、6分咲きとなってい見頃を迎えている。「寒桜」は「寒緋桜」と「山桜」の雑種の桜で「熱海桜」とも呼ばれる。「河津桜」はバラ科サクラ属で「オオシマザクラ」と「カンヒザクラ」の自然交雑から生まれた日本原産のサクラである。どちらの花も淡紅色の花びらは可愛らしい。いよいよ桜シーズンの序章である。

Sgh-kanzakura-1103 Sgh-kanzakura-1102 Sgh-kawazuzakura-1082 Sgh-kawazuzakura-1079 Sgh-ume-0754 Sgh-ume-0743 

2021年2月 4日 (木)

町田の「忠生公園」で琥珀色に輝く「ロウバイ」との一花一会!!

町田市忠生に多摩丘陵の典型的な谷戸の地形を生かした「忠生公園」はある。公園面積は8.1ha。昭和52(1977)に第1期区域が開園。その後公園を拡張する形で半分以上は谷戸の自然をそのまま残した自然観察園として平成9(1997)に第2期区域を開園した。園内には子ども広場、花見の広場、展望広場、運動場、展望台、忠生公園自然観察センター「忠生がにやら自然館」がある。公園に一歩足を踏み入れると「がにやら自然館前」には「ろうばい苑」がある。現在80本の「マンゲツロウバイ」と「ソシンロウバイ」が植栽されており町田ではロウバイの名所の一か所となっている。「ロウバイ」は花の中心に紫褐色の斑が入らず透き通るような黄色一色が「ソシンロウバイ」、花の中心に紫褐色の輪が入る「マンゲツロウバイ」、「ワロウバイ」がある。「ロウバイ」は古くから和歌や画題にもされてきた魅力に満ちた花である。蝋梅の名前は「蝋梅」(中国名:ラーメイ)からきている。花の色や光沢が蜜蝋を連想させ、臘月(陰暦の12 月)に花が咲くことからこの名が付いた。英名では「Winter sweet」(ウインタースイーツ)と呼ばれるように花の周りからは甘い香り匂いが漂ってくる。花言葉は「慈愛」である。これだけ多くのロウバイが一斉に咲き揃うと苑一帯は黄金色、琥珀色に輝きまるで後光がさしているような美しさである。花の少ないこの時季には希少価値があるロウバイである。(2012)

Tadao-roubai-9169_20210204152501 Tadao-roubai-0032 Tadao-roubai-0024 Tadao-roubai-0758_20210204152501

2020年2月26日 (水)

橋本公園の河津桜満開クライマックス美!!

相模原市緑区西橋本の緑区合同庁舎横に「河津桜」の名所となっている「橋本公園」はある。園内の周囲には60本の河津桜が植栽されている。10日前開花の知らせに今日訪れると濃い鮮やかなピンク色の花びらを大きく広げ既に満開近くなってきとなって文字通り春色に彩られていた。当園は西橋本地区の再開発地域の一角にある近隣公園で、すぐ隣には緑区合同庁舎、そして周囲は高層マンションが聳える。園の広さ1.14haの中に「芝生広場」「多目的広場」など配置されている。当園は他のところとは違い周りは高層マンション群が聳え少し異色である。「高層建造物」「河津桜」のコラボレーションもまた一味違った美しさがある。美しく広がったた河津桜の花に鳥(ムクドリ)が時折やってきては花蜜を吸い、啄んでいる長閑な春景色である。(2002)Hashimoto-4536

Hashimoto-0862Hashimoto-4544




2019年4月25日 (木)

横浜公園「14万本のチューリップの大競演」

横浜の春の風物詩のひとつ「第41回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2019」が4/12から4/14まで「横浜公園」、「山下公園」、「像の花パーク」、「日本大通り」を会場として開催され終了した。会場の中で最も人気があり賑やかなのが横浜スタジアムのすぐ隣にある「チューリップ」が咲き誇る「横浜公園」である。当園には品種ごとに植栽された「70種、14万本のチューリップ」がカラフルに多様な花姿で今を旬として咲き誇り大競演中である。まさしくチューリップワールド、チューリップグラデーションを形成、その美しさは言葉にならない。チューリップの名の由来は「形がチュリバンに似ている花」であることからついたようである。チュリバンはペルシャ語で「ターバン」を意味する。(1904)

P-dscn4170 P-dscn4167 P-imgp7079 Yokohama-tulip-7076 P-dscn4154 Yokohama-tulip-7071

2017年9月15日 (金)

県立相模原公園では秋を象徴する「萩の花」が見ごろ!!

相模原市南区下溝に四季の花が絶えない、市民の憩いの場「県立相模原公園」はある。今、見本庭園の「一角」に本数は少ないが秋の七草の一つで、秋を象徴する花である「萩(ハギ)」が薄紫色の独特の花姿で開花している。「萩(ハギ)」は「万葉集」や「古今集」多く詠まれ、古くから日本人に親しまれてきた植物=花である。萩(ハギ)という漢字には「秋」が含まれ、秋に咲く植物ということに由来する。(萩)ハギが開花する頃は稲や粟そして稗などの収穫期に重なる。豊かに咲きこぼれる萩の花は「豊穣の秋のシンボル」とされてきた。萩の花言葉は「思案」であり、よく見ると可憐な花房が地に下がる様に咲くさまはびったしの言葉である。(1709)

Sgh_hagi_3061

Sgh_hagi_3060


Sgh_hagi_3070


Sgh_hagi_3068

2016年4月17日 (日)

相模原公園のネモフィラ 2016 もうすぐ見ごろに!!

県立相模原公園のユリノキゲートより入った「みんなの花壇」横の約1000㎡の丘斜面とその奥に約45千株の「ネモフィラ」が少しずつ見頃を迎えようとしている。10日前に訪れた時はまだ咲き始めたばかりであったが、今日は陽当たりのいい芝生広場の方は開花が進み瑠璃色の海を創り始めていた。従来のメインのエリアは開花が遅れているのかまだ全体の23割ぐらいである。あと一週間もすれば青い絨毯を敷き詰めたような集合美を魅せてくれるだろう?(1604)Nemophila_5338


Nemophila_5334


Nemophila_5335


Nemophila_5330


2015年12月30日 (水)

相模原麻溝公園「花の谷」のロウバイ満開

相模原麻溝公園「花の谷」に10本ほどある「ロウバイ(素心蝋梅)が今年も琥珀色・黄色い花びらを広げ今、満開を迎えている。真冬に咲くことから英名をウィンター・スウィートといい周りはフルーティな甘い香りを漂わせている。花弁はよく見ると本当に蝋細工のように光沢を帯びキラキラと輝いている梅の花に似ている。名に梅がついているが梅ではなくロウバイ科の落葉低木で、日本へは17世紀頃渡来したようだ。淡黄色と濃黄色の二種類のロウバイがあり、花姿は同じで花の中心部は暗紫色でその周囲が黄色でなんとも清楚で美しく不思議な魅力を持つ花である。花言葉は「先導」、「先見」、「慈愛」、「優しい心」で、花の少ないこの季節(蝋月=12)に先がけて咲く貴重な冬の花であり心ゆくまで堪能したいものである。(1512)Roubai_2050

Roubai_2042

Roubai_2045

Roubai_2030

Roubai_2043

Roubai_2044


2015年6月 2日 (火)

相模原麻溝公園「アジサイデー ’15」 開花状況

「相模原北公園」と並んで相模原市のアジサイの名所となっている「相模原麻溝公園」。当園にはフィールドアスレチックゾーン、樹林広場ゾーン、花の谷ゾーン、芝生広場ゾーンに200種、7400株のアジサイが植栽されている。6/6(土)に開催される「アジサイデー 2015」 (昨年までは「アジサイフェア」であった)を前にそれぞれのゾーンで「ホンアジサイ」、「ガクアジサイ」、「ヤエカシワバ」などが鮮やかに咲き揃い始めていた。間もなく訪れるであろう梅雨、6日の「アジサイデー」には公園全体が色とりどりのアジサイによる「花の世界」、「花の回廊」が造られていることだろう!! (1506)Ajisai_day0001

Ajisa_day0469

Ajisai_day0474

Ajisai_day0472

Ajisai_day0419

Ajisai_day0423

Ajisai_day0425

Ajisai_day0426

より以前の記事一覧

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-
フォト

  • Cimg1080

人気ブログランキングS

ウェブページ

お気に入り

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

人気