建造物

2016年8月10日 (水)

「JAXA相模原キャンパス特別公開 2016」始まる!!

宇宙を身近に感じる「JAXA相模原キャンパス特別公開 2016」が7/29(金)と7/30日(土)の2日間にわたって公開されてた。会場は夏休みの子供たち、家族連れで賑わい昨年はなんと13000人が訪れたという年に一度の人気企画である。JAXA相模原キャンパスでは6つの会場に分かれておりいつもは見学できない施設の公開や最新の衛星やロケットの展示、研究、実験、エネルギー、ロボット、火星&月な着陸機、人工オーロラなど子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさん紹介されている。キャンパスの屋外には「M-Vロケット実機模型」と「M-3SIIロケット原寸模型」が展示され、その前で多くの人が記念撮影していた。飲食のテントが張られた中庭広場大勢の人で賑わっていた。(1607)Jaxa0679

Jaxa6092

Jaxa0668


2014年10月 2日 (木)

江戸時代の面影残す「観音寺の築地塀」

台東区谷中に赤穂浪士達が討ち入りの会合に用いたといわれる「観音寺」の南面位置に「台東区のまちかど賞」を受賞し、谷中の寺町の風情を伝えるシンボルとなっている「築地塀」はある。江戸時代に築造された練塀(土塀)はいわゆる土と瓦を交互に積み重ねた土塀に屋根瓦を葺き、一か所に潜り戸を備えた造りで長さ37.6m、高さ2.06mである。その歴史的風土として国土の歴史的景観に寄与していることから国登録有形文化財に登録されている。江戸時代へタイムスリップしたかのような当時の面影が微かに残っている。ここだけ見ていると今にも赤穂浪士達が現れてきそうな錯覚に陥ってしまう。(1409)

Kanonji6034
Kanonji6038
Kanonji6044
Kanonji6043
Kanonji6047
Kanonji6045
Kanonji6048
Kanonji6046

2014年7月 9日 (水)

博物館明治村 「京都聖ヨハネ教会堂」

愛知県犬山市内山に明治時代の建築物を保存展示している日本屈指の野外博物館「明治村」はある。入鹿池に面した100万㎡敷地に重要文化財12件を含む60以上の建造物を移築復原し「生きている村」をコンセプトに昭和40年に開園(開村)。5つのエリアに「帝国ホテル中央玄関」や「札幌電話交換局」、「森鴎外・夏目漱石住宅」、「西郷従道邸」、「旧東山梨郡役場」、「三重県庁舎」、「東松家住宅」、「呉服座」などが建ち並んでいる。まさしく本物で当時の建築技術を高さ、素晴らしさを感じることができる。中でも南端(一丁目)の丘陵に一際目を惹く建物が「京都聖ヨハネ教会堂」(国指定重要文化財)である。1907年(明治40年)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会でニ階が会堂、一階は日曜学校や幼稚園として使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に建物細部にゴシック風の外観。正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根が掛かる会堂が配された教会。正面の妻と交差廊の妻には両端には尖塔アーチの窓が設けられ室内は明るい。一階が煉瓦造、二階が木造づくりである。この優れたデザインの構造が重文に値するようだ。(1406)Meijimura_4396
Meijimura_4378
Meijimura_4381
Meijimura_4382
Meijimura_4385
Meijimura_4379
Meijimura_0241

2014年6月11日 (水)

あじさいの里「白鳳庵」を訪れる

横浜市瀬谷区本郷に知る人ぞ知るあじさいの名所「あじさいの里 白鳳庵」はある。ここは個人(元横浜市議長をされた川口正英氏)の邸宅で主が十数年かけて蒐集増殖された50~60種、3000株のアジサイが植栽されている。このアジサイが咲き乱れる時期だけ地元の人、他県の人に見ていただこうと無料で開放されている。瀬谷駅より徒歩10分、白鳳庵門に辿りつくとそこには立派な「門柱」(元横浜税関、神奈川県庁で利用されていた)があり「あじさいの里」と掲げられている。また門の前にはその証の「神奈川県庁の門」と刻まれた石碑が建てられている。門を潜ると左側には歴史を感じる白壁の蔵が三棟がある。そして散策路前には石灯籠、銅像が建てられ、ガス灯が名残をとどめている。150~250年の古木・大樹の茂み下の陽光地に植栽されている各種アジサイが見事に開花し旬の輝きを魅せ、その間に100m越えはあろうかという散策路が美しいあじさい回廊・トンネルと化していた。(1406)Ajisainosato1033
Ajisainosato1034
Ajisainosato4155
Ajisainosato4159
Ajisainosato4165
Ajisainosato4169
Ajisainosato4170
Ajisainosato4179
Ajisainosato4161
Ajisainosato4163

















2013年10月10日 (木)

ペアナードオダサガ グランドオープン!!

小田急相模原駅の北口に建設されていた「ペアナードオダサガ」が今日10時グランドオープンとなりこのエリアの顔となった。「商業施設と人をつなぐ」をコンセプトとしているようで6年前に完成している「ラクアル・オダサガ」とも横断デッキで結ばれ駅とも直結し駅前は利便も向上し華やかな街となった。9時半には人で溢れ賑わいを見せていた。「ペアナードオダサガ」は1・2階が「商業モール」で銀行ATM、コンビニ、物販など18店舗が出店。3階は「医療モール」で内科、小児科など6つの医療機関が入る。4~29階は住宅施設ですでに完売だというからすごい。会場2階の広場ではオープニングイベントとして和太鼓の演奏から始った。12日も太鼓、大正琴、ダンス、踊りが数多く用意されているようだ。(1310)Odasaga0556
Odasaga0592
Odasaga0562
Odasaga0568
Odasaga0584
Odasaga0589
Odasaga0561

2013年9月 5日 (木)

ダイエー相武台店 オープン!!

座間市広野台に~中食強化のモデル店舗~関東地区一号店として「ダイエー相武台」が本日9:00オープンした。昨今の消費者のライフスタイルや価値観の多様化に伴う"作らない化"へ対応した即食性商品、簡単調理商品など中食カテゴリを増やしている。2階建、屋上が駐車場のようで売り場面積は1281坪(内直営は728坪)、1階にダイエーと「クリーニング」、2階に「セイハ英語学院」、「Dr.関塾」、「カットファクトリー」、「オレンジ歯科」、「ミツバチ保険」、「しまむら」の8店舗がテナントとして出店する。昔ここは「忠実屋」であったが、その後「パチンコ店」となり今回の「ダイエー」の進出である。時代&企業の在り方の変遷、この地が賑やかさを増し活性化の一役となってくれるであろうか。(1309)Daiei0566
 Daiei0555
Daiei0556
Daiei0563
Daiei0557

2013年8月10日 (土)

山手西洋館 山手68番館

山手公園内に現在公園事務所となってい「山手68番館」(Bluff No.68)はある。昭和9年(1934年)建築の東洋バブコックの社員CFフランコ住宅は木造平屋建で白を基調とした下見板張りと解放ベランダを持つバンガロースタイルの建物である。建築面積:112.61㎡、延床面積:155.26㎡で展示室がある。こういう静かなところでテニスに興じたいものである。(1304)Bluff_no680472
Bluff_no681579
Bluff_no680477


Bluff_no680475
Bluff_no680479
Bluff_no680478
Bluff_no681580
Bluff_no680469

2013年7月17日 (水)

山手西洋館 外交官の家

美しい「山手イタリア山庭園」内に平成9年(1997)渋谷南平台より移築された「外交官の家」(国の重要文化財旧内田家住宅)はある。明治43年(1910)建築の外交官・内田定槌氏私邸である建物「外交官の家」は木造2階建で、建築面積は192.87㎡、延床面積は412.33㎡と広く、塔屋が付きで、アメリカンヴィクトリアン様式を基本としている建物である。一階には重厚な食堂、客間の部屋、二階には当時の暮らしぶりがうかがえる寝室や書斎などの部屋が並ぶ。そして今なお残るガスストーブやステンドグラス、サイドボードなどの家具に歴史を感じさせてくれるがそこには海外暮らしが長かった内田定槌氏の拘りが随所に取り入れられている。訪れた日、外周フェンスには黄色が美しいたくさんの「モッコウバラ」が満開であった。附属棟の喫茶室でしばし「外交官の家」の雰囲気にひたりまどろみの刻が静かに流れているようである。(1304)Diplomars_house0495
Diplomars_house0493
Diplomars_house0518
Diplomars_house0520
Diplomars_house0514
Diplomars_house0504
Diplomars_house0496
Diplomars_house0503

2013年7月16日 (火)

山手西洋館 ブラフ18番館

外交官の家の下方イタリア山庭園の一郭移築された「ブラフ18番館」(横浜市認定歴史的建造物)は大正末期建築の外国人住宅で、カトリック山手教会の司祭館として14年前まで使用されていた。ブラフ18番館は木造二階建(建築面積264.34㎡、延床面積653.93㎡)で、一、二階とも中廊下型の平面構成を取り入れ、フランス瓦の屋根、外壁はモルタル吹き付け仕上げとなっており、ベイウィンド・上げ下げ窓・鎧戸・バルコニー・サンルームに元町で製作された横浜家具を復元展示するなど外国人住宅らしさを再現している。他に図書室、閲覧室、ギャラリー、ホール等がある。(1304)Bluff_no180553
Bluff_no180525
Bluff_no180527
Bluff_no180539
Bluff_no180540
Bluff_no180546
Bluff_no180528
Bluff_no180532

2013年7月 3日 (水)

小田急マルシェ相武台店 オープン

小田急相武台駅に直結する商業施設「小田急マルシェ相武台店」が装いも新たに今日(7/3)10時オープンした。コンセプトは~駅直結の「便利に」「楽しく」「集える」場所が誕生~で五階建て延べ床面積7900㎡の中に食品スーパー、雑貨、薬、ベーカリー、ファーストフードなど17店舗が入り、開店時間には2011年6月ぶりに大勢の客で賑っていた。店舗がなくなり不便だった相武台駅&周辺もこれで活況を取り戻してくれるに違いない。(1307)Marche_sobudai0318
Marche_sobudai0319
Marche_sobudai0334
Marche_sobudai0332
Marche_sobudai0324
Marche_sobudai0326
Marche_sobudai0328

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-
フォト

  • Cimg1080

人気ブログランキングS

ウェブページ

お気に入り

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

人気